RASC活動ブログ

事業化支援チーム発足フォーラム「企業の成長に、どう大学を使うか」

当センターでは、活動の一環として、産学官金(産業、学校、官公庁、金融関係)が共同して三重県で事業展開を目指す地域企業に対して、事業改革の精査、ビジネスマッチングなどの必要なサポートを行うために、「事業化支援チーム」を発足しました。これを記念し、事業化支援チーム発足フォーラムを開催しました。

2011年10月25日火曜日、津市センターパレス・ホールにて参加者89名のなか、講演者にタカノ株式会社相談役の堀井朝運氏をおむかえして行いました。後半の部ではパネルリストとして、堀井氏を含めた4名の方、株式会社マスヤ代表取締役の浜田吉司氏、辻製油株式会社代表取締役の辻保彦氏、株式会社アクアプラネット代表取締役の福政恵子氏にお越しいただき、パネルディスカッションをしました。堀井氏の講演では、産学連携をつうじて下請け工場から上場企業へと飛躍を成し遂げられたご経験に基づく企業経営のエッセンスが披露されました。フォーラムの締めくくりのパネルディスカッションでは、三重県発の世界に通用する力強い企業理念が紹介されました。

 

 

コメント:0

コメントフォーム
入力した情報を記憶する

トラックバック:0

この記事のトラックバック URL
http://rasc-mie.jp/blog/wp-trackback.php?p=93
トラックバックの送信元リスト
事業化支援チーム発足フォーラム「企業の成長に、どう大学を使うか」 - RASC活動ブログ より