中折れを始めとしたシモの悩みを抱えているのであれば、ペプチアは非常にお勧めできる精力サプリメントです。

ペプチアの性機能に対する効果は成分が優秀だから

それは性機能対策に「根拠のある2つの有用成分」+「豊富なサポート成分」がきちんと配合されているからです。

どこに根拠のある二つの成分が秀逸です。この手のサプリは正直品質が悪いものから本物まで玉石混交の状態なのです。きちんとしたED対策への根拠や性機能改善に対する根拠がある成分を明示&配合をしている商品はそうそう多くはないのです。

つまり、成分の根拠というフィルターを通過した商品がペプチアなのです。私は根っからの理系なので、商品を選ぶ際はもっぱら成分重視でチョイスしています。それではペプチアの有用成分に関して1つずつ説明していきたいと思います。

まずは性機能に対する有用性の根拠が非常に強い二つの成分を紹介した後、これらの成分を補助する「サポート成分」を紹介していきたいと思います。

根拠成分①:ランペップ

ランペップというのは特許成分です。ファーマーフーズという会社が特許を取得しています。この成分何がすごいかと言うと、明確に男性機能改善に関する特許を取得しているということです。詳細はファーマフーズ社の特許内容(※リンクをはる)をご覧いただきたいのですが・・・

 

  • ランペップを亜鉛とマカと併用することで一酸化窒素の産生をより高く促進させる

ご存知かと思いますか、EDになる原因の一つとして血管を拡張させる一酸化窒素が減少することが挙げられます。

すると

  • 血管を拡張できなくなり、
  • 陰茎に流れ込む血流が少なくなる、
  • 十分な勃起力持続力を維持できず、
  • 中折れをはじめとした様々な性機能にトラブルが発生

ですから、一酸化窒素を増やすことができれば有効な対策となるのです。ランペップと亜鉛マカの併用により、一酸化窒素をより多く賛成することが実験により判明したのです。

後ほど紹介しますが、これらの成分は全てペプチアに配合されています。

根拠成分②:ピクノジェノール(フランス海岸松抽出物)

もう一つの根拠成分がピクノジェノールです。聞きなれぬ成分ですが、松の樹皮から抽出した成分です。

ピクノジェノールの効果としてED患者に対し、ピクノジェノールとLアルギニンを同時摂取することで、性機能を有意に改善すると結論づけられています。

根拠となるのは、こちら(https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/12851125)の英語の論文の要約です。

この論文では、ピクノジェノールとアルギニンを同時摂取する事がEDに有効とされています。

でも・・・ペプチアの成分を見る限りアルギニンは配合されていないじゃないか!!と思われるかもしれません。

 

ご安心ください。

 

ペプチアにはマカの粉末が含まれていますよね?ご存知の通りマカにはアミノ酸としてアルギニンが豊富に含まれています。

しかもペプチアに配合されているのは、吸収力の良いマカックスです。

つまり根拠となるピクノジェノールとアルギニンの同時接種というのは、ペプチアを飲むことで実現できるわけです。

サポート成分①:バイオペリン

バイオペリンは黒胡椒の抽出物です。バイオペリンの第一の役割として吸収を促進するという働きがあります。

どんな栄養素を口から摂取してもそれがきちんと吸収されないと意味ありませんよね?バイオペリンは特にアミノ酸と同時に摂取することで吸収がサポートされます。

ペプチアにはアルギニンをはじめとした植物由来のアミノ酸が含まれています。バイオペリンの吸収サポートにより効率的に陰茎栄養を届けることが可能です。

バイオペリンの第2の役割として、血流を促進するという働きがあります。これはつまり血中の酸化窒素を増やすということです。

思い出していただきたいのですが、EDや中折れ対策として重要なのは陰茎に流れ込む血液を増やすことでしたね?

ですからバイオペリン単独で一酸化窒素産生し、より勃起力、持続力を向上させることにつながるのです。

サポート成分②:レスベラトロール

レスベラトロールというのも聞きなれないかもしれませんね?ペニス増大サプリで最も売れているヴィトックスアルファの目玉成分とも言える成分です。

ポリフェノールの仲間の成分で実に様々な効果が期待されている成分です。根拠となる論文はまだラットでの実験段階ですが、ラット勃起不全が劇的に改善したことにより大きな注目を集めている成分です。

この成分、近い将来、中折れやEDに悩む方の心強いサポート成分となっているかもしれません。

サポート成分③:亜鉛

亜鉛は言わずと知れたセックスミネラルとも呼ばれるほど性機能には重要なミネラルです。

海産物に豊富に含まれ、特に下記に多く含まれる栄養素です。亜鉛の摂取が不足すると、精液の合成に支障が生じ、さらに性機能が正常に発揮されないリスクが高まります。

日本人に不足しがちなビタミンの代表格なので意識的に補うのが正解です。ペプチアには亜鉛の中でもグルコン酸亜鉛というものを採用し配合しています。亜鉛不足の人が多い日本人には強い味方となるでしょう。

ペプチアを実際に使用してみた感想

現在使用中の為、あと3週間は時間を下さい。適宜アップデートしていきます。

ペプチアvsライバル商品の比較

プロキオン

なぜだかよく比較されるのが、ペプチアvsプロキオンです。私としては、結論は変わりなくペプチアを推奨しています。

理由は既に述べたように、2つの根拠有り成分とサポート成分が強力だからです。プロキオンは医薬部外品で一見信用できそうですが、その効果効能に明示されているのは「EDへの効果」では無いことに注意が必要です。

あくまで滋養強壮によい医薬部外品なので、直接的に性機能対策にアプローチすることは無い、と考えています。

ヴィトックスα

それから、最も売れているペニス増大サプリのヴィトックスαとも比較されています。このサプリ、、、比較するまでもありません。というのも、配合成分は明示されていますが、成分の含有量は一切記載がありません。。。

シトルリンの配合量を2倍に増やしたと記載有りますが、そもそも増量前の含有量も不明ですから、増量後も多いのか、少ないのか不明なのです。

基本的に、成分の配合量が伏せられているサプリは信頼性に欠けるので、選択しないのが正解。

ペプチアの口コミ

ツイッター上には口コミが多数ありました!

ペプチアの副作用はあるか

ペプチアは医薬品ではないので副作用はそんざいしません。

過剰摂取に関しては、亜鉛だけ注意すれば問題無いと思います。というのも、アルギニンなどの性機能に有用なアミノ酸は遊離アミノ酸といって、文字通り体内を巡っているアミノ酸です。

多く摂取した場合には、体外に排出されるので、摂取しすぎについては心配し過ぎることはありません。一方、亜鉛については過剰摂取によるリスクがあるので、注意が必要です。

もちろん、ペプチアの1日の推奨摂取量を守っていれば問題は有りませんが。