【平成26年度 受託事業】地域活性化プラン実践支援業務委託

【平成26年度 受託事業】地域活性化プラン実践支援業務委託

2015/06/27

平成26年度地域活性化プラン実践支援事業では、三重県農林水産部農業戦略課が設置した検討委員会の選定にもとづく33プランを実践する地域団体の活動に必要な、ハード、ソフト両面の支援をおこなってきました。
本事業は、「三重県食を担う農業および農村の活性化に関する条例」に基づくもので、その理念に基づいて、三重県農業戦略課と県内8地域事務所および県から委託を受けた三重大学地域戦略センターが共同でそれに取組んできました。その33プランのうちの2プランは、次世代育成のための取組みをも含む計画であり、今年度はじめて取り入れられました。一方、31プランは平成23年度から取組まれてきたものと同様の考え方によるものです。いずれのプランも、三重県各地域で活動する農業者、事業者、住民が、地域の活性化と地域をささえる産業である農業の生産物の売上増加および6次産業化による収益機会の拡大などを主な目的とするものですが、その多様な取組みの成果が、着実に現れてきています。
支援事例の報告につきましては下記添付資料をご覧ください。