メディア・広報

まちづくりへ5つの提言

Small_20140220chunichi

 三重大学地域戦略センター(RASC)とMeiku(RASC学生スタッフ)のメンバーが行っている、桑名市の総合計画の一環で昨年度12月から計3回開催された学生セミナー。その提言書がまとまり、参加した中学生・高校生らが2月19日に市役所で伊藤市長に直接提言書を手渡しました。その様子が2月20日の中日新聞に掲載されました。  市の総合計画は市民参加型で進められているとのことで、今回のこの提言書も参考に...

津で「ライフイノベーションフォーラム」 -医療や家庭に幸を-

Small_20140213sankei

 2月12日にアストホールにて開催されたました、みえライフイノベーション総合特区 地域新産業集積戦略推進事業「みえライフイノベーションフォーラム」の記事が、2月13日の産経新聞に掲載されました。  三重県は、平成24年7月、国から「みえライフイノベーション総合特区」の指定を受け、医療・健康・福祉分野で新しい技術や考え方を取り入れて、画期的な医薬品や医療機器等を生み出す取り組みを県内産学官民が連携し...

列車増便、遊び場を -桑名市が学生セミナー-

Small_20131220ise

 昨年12月19日に開催されたました、三重大学地域戦略センター主催の「桑名市学生セミナー」の記事が、12月20日の伊勢新聞に掲載されました。  セミナーは桑名市役所にて開催され、20年後の市について考えてもらい、ここで出された案を今後の市の総合計画に盛り込んでいくとのこと。  北勢線や養老線の電車の本数が少なく不便、中高生が遊ぶ場がない、など、活発にアイデアが出されました。このアイデアがどう活か...

津中心部でスタンプラリー

Small_20131115chunichi

 秋の中心市街地活性化連携事業「来て、見て、知って、楽しんで」が、2013年11月15日の中日新聞に紹介されました。  さまざまな団体が開催するイベントを一体的な連携事業としてとらえ、中心市街地活性化および商業振興を目的に実施するこの事業も、今年度で4回目となります。そのチラシのデザインを、今年度は地域戦略センター学生スタッフが手がけました。  今年も、4会場を巡り抽選で賞品が当たるスタンプラリ...

「リーディング産業展みえ」きょう開幕

Small_20131107chubukeizai1

 11月7・8日に四日市ドームで開催される「第11回リーディング産業展みえ」の開幕記事が、2013年11月7日の中部経済新聞に掲載されました。  西村センター長も登壇する8日に行われる台湾セミナー「官官連携、学学連携を起点とする三重県と台湾との産業連携モデルの構築について」についても掲載されました。

台湾企業13社と商談会

Small_20131107chubukeizai2

 11月7・8日に四日市ドームで開催される「第11回リーディング産業展みえ」。今回の産業展では、セミナーだけでなく台湾企業を対象に商談会もおこなわれます。そのこと伝える記事が、2013年11月7日の中部経済新聞に掲載されました。

「第11回リーディング産業展みえ」今日開幕

 11月7・8日に四日市ドームで開催される「第11回リーディング産業展みえ」の開幕記事が、2013年11月7日の日刊工業新聞に掲載されました。  各種セミナー一覧と、三重大学理事・副学長あいさつとして、社会連携研究センター長(兼)理事 吉岡先生のコメントも掲載されました。

産業連携で覚書

Small_201311101chubukeizai

 RASCと台湾企業が産業連携を図る覚書を交わしたことが、2013年11月1日の中部経済新聞に載りました。  7日に四日市ドームで開催される「リーディング産業展みえ」の会場で、鈴木知事立会いのもと調印式が行われます。  詳しい内容はRASC-HP「イベント・公募」でご覧いただくか、下記関連リンクからも入っていただけます。

台湾と連携探る商談会 -7日からリーディング産業展みえ-

Small_20131101chubukeizai1

 11月7日、8日と四日市ドームで開催される「第11回リーディング産業展みえ」の記事が2013年11月1日の中部経済新聞に載りました。  8日にはこの産業展会場で、西村センター長が登壇する「海外展開セミナー(台湾) 「官官連携、学学連携を起点とする三重県と台湾との産業連携モデルの構築について」」も開催されます。詳しい内容ははRASC-HP「イベント・公募」でご覧いただくか、下記関連リンクからも入...

津・大門大通りに「いこにこ広場」

Small_20131012asahi

 大門大通り商店街の中にあるオーデンビル。10月19日、ここに親子で集まる楽しい遊び場「大門 いこにこ広場」がオープンします。その記事が2013年10月12日の朝日新聞に掲載されました。  RASCは津市から受託した「中心市街地活性化事業」の一つとして「大門 いこにこ広場」に関わり、商店街のみなさんや学生たちと一緒に作り上げてきました。  楽しいイベントもたくさん用意しています。小さなお子さんが...

『秋の中心市街地活性化連携事業』今年も多彩な事業が

Small_20131017hurusato

 今年も津市の中心市街地で『秋の中心市街地活性化連携事業「来て、見て、知って、楽しんで」』として、10月19日の「大門 いこにこ広場」オープンニングをスタートに11月31日まで、さまざまな事業が行われます。  その情報が2013年10月17日(木)の三重ふるさと新聞に載りました。  今年は、「津と伊賀上野~お城と藩校に見る歴史文化~」パネル展も開催されます。会場はアスト津、津センターパレス、津松...

子育て世代集い 活気戻れ! 「大門 いこにこ広場」きょう開所

Small_20131019chunithi

 2013年10月19日(土)大門大通り商店街のオーデンビルにオープンした、親子で集まる楽しい遊び場「大門 いこにこ広場」。そのオープン当日の中日新聞に載りました。 ※「大門 いこにこ広場」の詳しい情報は下記関連リンクへ。

「幸福の黄色いハンカチ」~9月21日・センパレで上映~

Small_20130822hurusato

 三重大学地域戦略センター、共催事業となっております、防災シンポジウム&「幸福の黄色いハンカチ」上映会の告知が、8月22日のふるさと新聞に掲載されました。  9月21日、津市センターパレスホールで「防災シンポジウム」と映画「幸福の黄色いハンカチ」=山田洋次監督・1977年=の上映会が開かれる。  お申込み締切日は明日の8月31日(消印有効)です。詳しくは当ホームページ「イベント・公募」の案内...

版画体験 アート身近に -津の作品展、子ども向け企画-

Small_20130826asahi

三重大学地域戦略センターも共催として参加している「アール・ブリュット(生の芸術)のエスプリと街なかワークショップ -まっすぐ、まっさらな感性と情熱の作品展-」の中で、8月25日(日)にアスト津で行われたワークショップ「版画を楽しむ」の様子が、8月26日の朝日新聞に載りました。  芸術に親しんでもらおうと、子どもを対象にした版画体験があった。  三重大学の学生らがボランティアとして子どもたちを...

津で版画作り教室 -女子美術大学生ら講師に-

Small_20130826sankei

三重大学地域戦略センターも共催として参加している「アール・ブリュット(生の芸術)のエスプリと街なかワークショップ -まっすぐ、まっさらな感性と情熱の作品展-」の中で、8月25日(日)にアスト津で行われたワークショップ「版画を楽しむ」の様子が、8月26日の産経新聞に載りました。  女子美術大の学生や教授が講師となった版画作り教室が25日、津市のアスト津で開かれた。知的障害者らが表現する芸術「アー...

発想は自由なんだ -型にはまらない作品展 津-

Small_20130821asahi

 「アール・ブリュット(生の芸術)のエスプリと街なかワークショップ -まっすぐ、まっさらな感性と情熱の作品展-」の告知記事が、8月21日の朝日新聞に載りました。  このイベントは8月24日から31日まで、アスト津を主会場にして開催されます。  各催しの詳しい情報はRASCホームページ「イベント・公募」をご覧ください。  専門的な美術教育を受けていない人が既成概念にとらわれずに創る芸術作品「...

絵画や立体、生き生き表現 -アール・ブリュット作品展-

Small_20130821ise

 「アール・ブリュット(生の芸術)のエスプリと街なかワークショップ -まっすぐ、まっさらな感性と情熱の作品展-」の告知記事が、8月21日の伊勢新聞に載りました。  このイベントは8月24日から31日まで、アスト津を主会場にして開催されます。  各催しの詳しい情報はRASCホームページ「イベント・公募」をご覧ください。  県立稲葉特別支援学校と女子美術大学との共同作品展が24日から31日、ア...

湧き出る感性 作品に -女子美術大 稲葉特別支援学校と展覧会-

Small_20130816chunichi

 三重大学地域戦略センターも共催として参加している「アール・ブリュット(生の芸術)のエスプリと街なかワークショップ -まっすぐ、まっさらな感性と情熱の作品展-」の告知記事が、8月16日の中日新聞に載りました。  このイベントは8月24日から31日まで、アスト津を主会場にして開催されます。  展覧会のほかにも、トークセッションやワークショップ、生産物の販売なども行います。  各催しの詳しい情報は...

地域おこしに若者の視点 -三重大生と意見交換-

Small_20130809kinan

 三重大学地域戦略センター学生スタッフのメンバーが、8月3日に県の南部活性化事業で紀宝町浅里地区にうかがったときの様子が、8月9日の紀南新聞に掲載されました。  過疎・高齢化が進む紀南町浅里地区の活性化に向け、学生スタッフと地区住民らが連携し魅力ある地域づくりにつなげます。

実践で接客術を学ぶ -盲学校のマッサージ体験-

Small_20130801hurusato

 7月24・25日、アスト津1階のにぎわい交流サロンで、県立盲学校高等部保健理療科の生徒4名が無料マッサージ体験を行いました。当センターもこの取り組みに協力として関わっています。  その様子が8月1日のふるさと新聞に載りました。  生徒たちがこれからお客さんと接するときのコミュニケーション能力を磨いてもらおうと開いているそうです。  せっかくなので、RASCスタッフも実際にマッサージをして...