RASC活動ブログ

「みえフードイノベーション・ネットワーク」発足会が開催されました。

5月25日(金)14時から、三重大学総合研究棟Ⅱにあるメディアホールにて、「みえフードイノベーション・ネットワーク」の発足会が開催されました。100名定員の会場に200名近くの人が集まり、大変盛況となりました。

三重県には多種多様な農林水産資源が存在し、同時に北勢地域には食品関連産業の割合が高いという特徴があります。みえフードイノベーションでは、その多様な資源を活かし、生産者だけではなく、食品関連事業者やものづくり企業、県や市町、大学や研究機関などの知恵や技術を集積・融合して、新たな商品やサービスを生み出し、もうかる農林水産業を実現することを目指します。そのような新たな取り組みを、三重県と三重大学とが協働して今後行っていくこととなります。

発足会終了後に交流会が行われ、そこでは三重の新しい食べものや飲みものの数々が試食としてふるまわれました。おいしいものに舌鼓をうちながら、参加者同士の情報交換も大いにすすんだことと思います。

産学官連携研究員 向井里奈

コメント:0

コメントフォーム
入力した情報を記憶する

トラックバック:0

この記事のトラックバック URL
http://rasc-mie.jp/blog/wp-trackback.php?p=647
トラックバックの送信元リスト
「みえフードイノベーション・ネットワーク」発足会が開催されました。 - RASC活動ブログ より