RASC活動ブログ

波瀬むらづくり協議会のHPに「はぜのクレソン」のページ追加を支援しました

波瀬むらづくり協議会」は、三重県の平成27年度地域活性化プランスタートアップ促進支援業務の支援団体です。RASCでは、三重県松阪農林事務所の担当者とともに、「はぜのクレソン」の知名度向上と販売促進などに寄与しうるwebサイト作りを支援しました。

平成27年11月末から、波瀬むらづくり協議会のウェブサイトにタブを加える形で「はぜのクレソン」のページができ、緑の風が吹くクレソンの里「波瀬」の紹介、レシピ、栽培と収穫、提供の時期が一覧できるカレンダーなどのほか、地元小学生(当時)が作り出したマスコットキャラクター「クレンちゃん」も掲載されています。そのページは、ダウンロードして印刷すればリーフレットとしても利用できるようになっています。スマホでもアクセスOK。

「はぜのクレソン」のページには、歴史ある景観と自然に包まれた松阪市飯高町波瀬に来てほしい、そこで育まれたクレソンを味わってほしい、との思いがあふれています。

波瀬むらづくり協議会の活動やクレソンを栽培、提供するレストラン「はぜの風」(北川京子さん経営)の活動は、マスメディアで様々な形で取り上げられ、広く全国から注文が入るようになっています。クレソンの収穫時期は10月から5月頃で、北川さんは、冬から春にかけてはおいしい時期なので、波瀬に来て【はぜのクレソン料理】を味わってほしいと語っています。

http://haze-muradukuri-kyogikai.jimdo.com/

 

 

コメント:0

コメントフォーム
入力した情報を記憶する

トラックバック:0

この記事のトラックバック URL
http://rasc-mie.jp/blog/wp-trackback.php?p=1790
トラックバックの送信元リスト
波瀬むらづくり協議会のHPに「はぜのクレソン」のページ追加を支援しました - RASC活動ブログ より