RASC活動ブログ

リアル・プロジェクト・インターンシップ―本当の仕事を知る―オリエンテーションが開催されました

12月20日(水)、21日(木)のお昼休みに、三重大学環境・情報科学館にて、RPI(リアル・プロジェクト・インターンシップ)のオリエンテーションを開催しました。

RPI受け入れ企業の担当者の方にお越しいただいて、各プロジェクトの概要についてプレゼンテーションをしていただき、たくさんの学生が参加しました。

オリエンテーションの様子

今回は、下記4社にインターンシップを受け入れていただきます。

・有限会社佐藤養殖場

・万協製薬株式会社

・株式会社マスヤ

・ヤマダイ食品株式会社

 

社長自らお越しいただいた企業もあり、普段は知ることのできない貴重なお話を聞かせていただける場にもなりました。

現在、春休み実施RPIへの参加申し込み受付中です。(締切:2018年1月月17日(水)17:00)

 

オリエンテーションに参加できなかった学生も、資料をお渡ししますので、興味がある人はまずは下記までご連絡ください!

**************************
三重大学地域イノベーション推進機構地域戦略センター
リアル・プロジェクト・インターンシップ事務局
担当:加藤
TEL:059-231-9937 (内線:9937)
MAIL:rpi.rasc@crc.mie-u.ac.jp
**************************

 

平成29年度『津市商店街活性化支援塾(女性応援編)』第3回を実施しました!!

平成29年度『津市商店街活性化支援塾(女性応援編)』第3回を実施しました!!

日時:12月12日(火)09:30~11:30

場所:津センターパレス2階 会議室A

今回の講師は、銘菓「関の戸」の深川屋代十四代社長 服部吉衛門亜紀社長

江戸時代から現代まで約380年間受け継がれた伝統を守りつつ、新しいことにチャレンジし続ける服部社長の御話に、受講者のみなさんも釘付けでした。

受講者への御土産に、鳥羽市答志島の名産品「大和橘」を使用した限定商品「関の戸やまとたちばな」をお持ちくださいました。

「関の戸」の化粧箱がなんと「深川屋物語」に!表紙を開くとお店の部分が飛び出して、そしてその影には忍者が。。。服部家の御先祖様は、お菓子屋さんの顔を持つ忍びだったのだそうです。

 

忍者学の第一人者 三重大学 山田 雄司先生の著書を、受講者全員にプレゼントしてくださいました!(太っ腹!)

 

~~~~~~~~~~~~~~~~おまけ~~~~~~~~~~~

『津市商店街活性化支援塾(女性応援編)』に、地元津市のケーブルテレビZTV(地デジ12cha)さんが取材に来てくれました。

ZTV(地デジ12ch)
12/15(金)の18:00、20:00、22:00、23:00~ 翌日06:00、08:00、11:00、12:00、14:00~

今日の様子を、じもトピ」という番組で放映して下さるそうです。是非ご覧ください!

 

平成29年度『津市商店街活性化支援塾(女性応援編)』第2回目を実施しました!!

平成29年度『津市商店街活性化支援塾(女性応援編)』第2回目を実施しました!!

日時:11月29日(水)09:30~11:30

場所:津センターパレス2階 会議室A

 

前回の西村副学長/地域戦略センター長の講義に続き、第2回目となる今回は、お二人の女性起業家をお招きし、ご自身の体験談や、現在の様子等をお話頂きました。

今年4月、津市鳥居町で女性専門の鍼灸サロン「ひよこ鍼灸院」を開院された、倉田あかねさん。

2人のお子さんを育てながらの開業のメリットや、お金を掛けず公的な支援を上手に活用した経験談などを御紹介くださいました。

昨年7月、桑名市の寺町商店街でプレゼントクッキー専門店「プレゼントクッキーのkurimaro」をオープンした栗田こずえさん。

商店街での開業の魅力や、わずか4ヶ月で自分の「やりたい!」を実現させた経験談をご紹介くださいました。

起業を経験したばかりの先輩方のお話に、受講者の皆様も釘付けでした。沢山の質問やお悩み相談で、あっという間に2時間が過ぎてしまいました。

平成29年度『津市商店街活性化支援塾(女性応援編)』がいよいよスタートしました!!

平成29年度『津市商店街活性化支援塾(女性応援編)』が、11月20日からいよいよスタートしました!

日時:11月20日(月)09:30~11:30

場所:津センターパレス2階 会議室

第1回目は、三重大学 西村副学長/地域戦略センター長の講義を行いました。

 

受講者は、起業に興味を持つ女性8名。

最初は少し緊張した面持ちでしたが、西村副学長/地域戦略センター長からの「男性社会だった高度成長期を過ぎ、現代は成熟した女性社会へと成長した。女性ならではの感性を活かした、無理のない起業を目指してください。」との言葉に、刺激を受けた様でした。