RASC活動ブログ

美杉リゾート大麦栽培グループを支援しています

地域戦略センターの受託事業「地域活性化プランスタートアップ事業」では、三重県下の農村地域団体「美杉リゾート大麦栽培グループ」の、遊休農地を活用した大麦生産とビールの製造・販売による地域雇用の創出を目指す取組に対して、ハンズオン支援という専門家の助言を得ながら地ビールの原材料となる大麦の試験栽培に着手することからはじめました。11月に種を購入し播いた大麦が芽を出し、すくすくと育っています。12月には麦踏みをし、今や写真(2016年1月7日撮影)のような長さに伸びています。美杉リゾート大麦栽培グループでは、美杉リゾート(津市美杉町八知)が生産する地ビール(「火の谷ビール」)の原料として使用するための大麦栽培に昨年から取組んでいるところで、収穫は2016年6月頃の見込み。

1994年にビールの最低醸造量の基準が緩和された結果、現在全国の地ビールメーカーの数は200以上ありますが、そのほとんどが大麦麦芽を輸入に頼っているのが現状です。同グループでは、ビール原料用の大麦栽培とそれを用いた醸造に取組むこととなり、ハンズオン支援により、大麦の種、栽培用資材を購入しました。これがうまくいけば、大麦の栽培面積の拡大および醸造指導などを通じて、農業をはじめとする地域産業の活性化にも寄与することができるとの期待も膨らんでいます。

http://ameblo.jp/misugimuranowa/

 

波瀬むらづくり協議会のHPに「はぜのクレソン」のページ追加を支援しました

波瀬むらづくり協議会」は、三重県の平成27年度地域活性化プランスタートアップ促進支援業務の支援団体です。RASCでは、三重県松阪農林事務所の担当者とともに、「はぜのクレソン」の知名度向上と販売促進などに寄与しうるwebサイト作りを支援しました。

平成27年11月末から、波瀬むらづくり協議会のウェブサイトにタブを加える形で「はぜのクレソン」のページができ、緑の風が吹くクレソンの里「波瀬」の紹介、レシピ、栽培と収穫、提供の時期が一覧できるカレンダーなどのほか、地元小学生(当時)が作り出したマスコットキャラクター「クレンちゃん」も掲載されています。そのページは、ダウンロードして印刷すればリーフレットとしても利用できるようになっています。スマホでもアクセスOK。

「はぜのクレソン」のページには、歴史ある景観と自然に包まれた松阪市飯高町波瀬に来てほしい、そこで育まれたクレソンを味わってほしい、との思いがあふれています。

波瀬むらづくり協議会の活動やクレソンを栽培、提供するレストラン「はぜの風」(北川京子さん経営)の活動は、マスメディアで様々な形で取り上げられ、広く全国から注文が入るようになっています。クレソンの収穫時期は10月から5月頃で、北川さんは、冬から春にかけてはおいしい時期なので、波瀬に来て【はぜのクレソン料理】を味わってほしいと語っています。

http://haze-muradukuri-kyogikai.jimdo.com/