RASC活動ブログ

台風30号の直撃で甚大な被害が出ているフィリピン・レイテ島に義援金を送るため、三重大医学部の学生たちが20日朝、津駅付近街頭で募金活動を行いました。その記事が2013年11月21日の中日新聞夕刊に載りました。

今年の夏に学生数名が医学実習のためレイテ島を訪れ、現地の医学生と生活を共にしたこともあり、今回の募金活動へとすぐに行動に移したようです。学生たちがフィリピンに実習に向かうにあたっては、フィリピン医療問題の研究をしている当センターの勅使川原さんが尽力しました。

みなさん、ぜひ募金の協力をお願いいたします。

秋の中心市街地活性化連携事業「来て、見て、知って、楽しんで」

秋の中心市街地活性化連携事業「来て、見て、知って、楽しんで」は、秋の中心市街地で、さまざまな団体が開催するイベントを一体的な連携事業としてとらえ、中心市街地活性化および商業振興を目的に実施するもので、今年で4回目となります。

今年も、4会場を巡り抽選で賞品が当たるスタンプラリーを開催します。スタンプの置いてある4会場(アスト津、津センターパレス、津松菱、津観音)ではパネル展「津と伊賀上野~お城と藩校に見る歴史文化~」、津観音では「津観音と伊勢神宮展」なども開催されています。パネル展で歴史文化を学び、スタンプを集め、「遊覧スタンプラリー」にどしどし応募ください!今月の30日まで。

今年のチラシのデザインは、地域戦略センター学生スタッフの渡邊あゆみちゃんと北岡初音ちゃんが手がけました。とてもかわいくでき、好評です。このチラシを持って写るあゆみちゃんの写真が、2013年11月15日の中日新聞に載りました。

津観音縁日もちまき

津観音では毎月18日が観音様の縁日にであることにちなんで「津観音縁日にぎわい市」を開催していますが、今月は秋の中心市街地活性化連携事業の一環として、特別にライブや餅まき等も行われました。会場着くと、すでに300人くらいの多くの市民の方々が集まっており、「にぎわい市」の名前通りとても賑わっていました。餅まきがはじまると市民の目の色が変わり、おじいさんもおばあさんもみんな必死。怖いくらいでした。

※津観音はスタンプラリーの会場にもなっています。

学生スタッフ、公園アイデアで優秀賞!

地域戦略センターの学生スタッフが、大学病院北側の公園アイデアで優秀賞をいただきました!

今年の夏に、病院横の三翠通り北側緑地の公園化が決まり、大学施設部がそのアイデア募集を行っていました。それに地域戦略センターの学生スタッフのメンバーも応募することに決め、予定地を見に行ったりしていました。企画しはじめた当初はメンバーも複数名いましたが、募集時期が夏休みとなり人もなかなか集まらない時期だったため、4年生の佐藤くん、橋本さんが2名で完成させて締切ぎりぎりに応募することができました。

結果、優秀賞!よくがんばりました。最終参加はかなわなかったけれど、一緒に盛り上げようとしてくれていたみなさんもよかったですね。

「津と伊賀上野~お城と藩校に見る歴史文化~」パネル展

秋の中心市街地活性化連携事業「来て、見て、知って、楽しんで」が11月30日まで開催されております。その中のイベントの一つ、「津と伊賀上野~お城と藩校に見る歴史文化~」パネル展の準備に行ってきました。藤堂藩の城下町、宿場町として栄えた津と伊賀上野。その歴史文化を、お城と藩校の面からお見せするパネル展です。

会場となるのは、中心市街地にある「アスト津(1Fにぎわい交流サロン)」「津センターパレス(地下1F)」「津松菱(6F特別展示場)」の3か所です。さらにその3会場と、「津観音と伊勢神宮」展を行っている津観音(津観音資料館)を含めた4会場には「遊覧スタンプラリー」のスタンプが設置されています。4会場を巡り作品を見て、スタンプを集めて、ぜひすてきな賞品をゲットしてください。

・アスト津(1Fにぎわい交流サロン) 「有造館と崇廣堂の歴史」展

・津センターパレス(地下1F) 「江戸時代の津城の姿」

・津松菱(6F特別展示場) 「藤堂藩と伊賀上野城」

・津観音(津観音資料館) 「津観音と伊勢神宮」展

(アスト津会場)