RASC活動ブログ

MIE経営者育成道場【基礎講座5】ビジネスプランの作り方

726日(金)、第5回基礎講座を総合研究棟Ⅱの3階で実施しました。今回の講座テーマは「ビジネスプランの作り方」ということで、百五経済研究所経営コンサルティング部の中村哲也氏を講師としてお招きしました。

講義では、中村氏からプレゼンの資料作成の注意点や発表の際の伝え方などについてのお話もありました。参加者の中には休憩中や終わった後にも中村氏にアドバイスを聞きに行っている人もおり、審査会に向けて充実した1日となったようでした。


アールブリュット(生の芸術) 学生スタッフ作成のチラシ完成

8月24日(土)から31日(土)まで、アスト津とセンターパレスを会場として行われる、「アールブリュット(生の芸術)のエスプリと街なかワークショップ」。その催事のチラシをRASC学生スタッフの女性3名が作成してくれました。

今日、ようやく情報を出してよいというOKがでましたので、さっそくRASC前にポスターを貼りました。チラシも置いてありますので、お立ち寄りの際は手に取ってみてください。

この企画の中心となっている東京の女子美術大学でもチラシを作成いますので、2種類のデザインが津中心部で見られると思います。JR津駅h東口構内、津市観光協会 他 にも貼り出されているそうです。お近くに行かれたら探してみてください。そしてぜひ会期中にアールブリュットの作品展をご覧ください。

※アールブリュットとは・・・「生の芸術」という意味のフランス語。正規の美術教育を受けていない人が自発的に生み出した、既存の芸術やモードに影響を受けていない絵画や造形のこと。

MIE経営者育成道場【基礎講座4】経営者基礎特論

7月19日(金)、第4回基礎講座を総合研究棟Ⅱの3階で実施しました。今回の講座のテーマは「経営戦略・財務・マーケティング等に関する基礎講座と経営者に必要とされる考え方」ということで、西村訓弘センター長が講師を担当しました。

西村先生は経営者としての心得についてなどを話され、自身の経験に基づく説得力のある講義内容でした。講義は、緊張感があり皆さん真剣な表情で聞かれていました。経営者として生きていくことの難しさや苦しさ、でもその中にあるやりがいの大きさなどを西村先生の経験談を踏まえて話されていたのが印象的で、モデル事例などを用いた説明もあり充実した講義となりました。

「にぎわいスポット創出」「町あるき」ミーティング開催しました

いよいよタスクフォースの各チームが動き出しました。7月6日に「にぎわいスポット創出」チーム、7月9日に「町あるき」チームのミーティングが開催されました。

「にぎわいスポット創出」では、大門商店街に親と子どもの集う場所をつくるプロジェクトについてと、今後のスケジュールや予算について話し合った。次回は、予算の計画を立てた上で、具体的な内容を考えていくことを予定しています。

「町あるき」では、人との交流を作っていくことをキーワードとして、これからの津を学んでこれからの津を考えていく具体的な活動を創っていくという方向でまとまりました。次回は、町歩きに入れるコンテンツを考えていく予定です。

各チームの次回予定についてはRASC-HPの「イベント・公募」を見てください。途中参加大歓迎です!

MIE経営者育成道場【基礎講座3】企業視察(万協製薬株式会社)

7月8日(月)、第3回基礎講座として多気町にある万協製薬株式会社に企業視察に伺いました。今回のテーマも前回と同様で「地域で活躍している経験豊富な経営者からビジネスの実践や経験哲学を学ぶ」です。

工場見学では、包装工程や、充填工程などを見させていただきました。また、万協製薬ではコミュニケーション・ボードやマンガなどを置くことによって社内での交流を深めるなど独自の方法で社内交流を図っており、松浦信男社長の理念の高さも知ることができとても勉強になりました。

工場見学のあと、松浦社長は参加者との質疑応答という形でお話してくださいました。参加者一人一人の質問にユーモアを交えながらアドバイスをしていただき、参加者の感想では「松浦社長の理念を基本に自分にあったやり方を見つけていきたい」、「笑いがとても大切だと体感させていただきました」などがあり充実した1日となったようでした。

MIE経営者育成道場【基礎講座2】企業視察(株式会社宮﨑本店)

7月5日(金)、第2回基礎講座として四日市市にある株式会社宮﨑本店に企業視察に伺いました。今回は「地域で活躍している経験豊富な経営者からビジネスの実践や経営哲学を学ぶ」が講座のテーマです。

工場見学では、精米工場→清酒工場→排水処理施設という順番で、お酒が造られるまでの工程を見させていただきました。また、1846年に創業されたということで、歴史ある建物でとても良い雰囲気でした。

工場見学のあと、宮崎由至社長からお話があり、新商品を事例としてマーケティングについてわかりやすく説明していただきました。参加者の感想では「今後の経営についてとても参考になった」、「ユーモアを交えながらの講演でとても楽しかった」などがあり充実した1日となったようでした。

講演のあと、お酒の試飲会があり、最後に買っていかれた参加者もいたようで良いお土産になりました。

中心市街地活性化タスクフォース 準備会

7月3日、津市センターパレス地下1階の研修室で、「中心市街地活性化タスクフォース事業」の準備会が開催されました。

昨年度開催されました「中心市街地活性化オープンディスカッション」での議論を踏まえて作成された提言から、今年度は実際にできることを実現して行こうということで、このタスクフォース事業が立ち上がりました。

準備会にも関わらず多くの市民の方が集まってくださり、スタッフや三重大生を併せると40名以上の参加となりました。昨年度の話と今年度の進め方について西村先生からお話いただいたあと、4つ(町あるき・にぎわいスポット創出・商店街連携・情報発信)のグループに分かれて話し合っていただきました。

この4つのグループは今後、各グループでミーティングを重ね、実現可能な事業を企画し実行していってもらいます。現在は大きく4つのグループに分かれていますが、今後、事業内容によってさらにグループが分かれて行くと考えられます。

準備会はあくまでもグループづくりです。今後、「我こそは津市を盛り上げたい!」と言う新しい参加者が増えてゆくことを期待しています。

各グループの次回ミーティング日をお知らせします。参加希望の方は当日会場までおこしください。

「にぎわいスポット創出」・・・7月6日(土)10:00 津センターパレス地下1F 津市まん中こども館

「町あるき」・・・7月9日(火)16:30 場所未定(地域戦略センターまでお問い合わせください059-231-9899)

「商店街連携」・・・7月23日(火)18:30 津観音資料館

「情報発信」・・・7月24日(水)12:00 三重大学社会連携研究センター3F 323号室

※各グループの現段階での主な取組内容はタスクフォースチラシの裏面をご覧ください。

MIE経営者育成道場【基礎講座1】合宿研修

6月30日(日)・7月1日(月)、三重県鈴鹿市にある「スポーツマンハウス鈴鹿」にて一泊二日の合宿研修を行いました。

1日目の午前中は、自己紹介を中心としたオリエンテーションと西村訓弘センター長による基調講演を行いました。その後、道場一期生・二期生から道場を受けるうえでの活用ポイントについてなどお話があり午前の部は終了しました。午後からは経営感覚をつかむことをめざしマネジメントゲームを実施しました。講師の米津先生による説明の後、参加者はグループに分かれてゲームを行いました。テーブルごとで話し合いながら賑やかにゲームを行っていました。また、ゲーム中に万協製薬の松浦社長が受講生を激励しに会場を訪れるというサプライズもありました。二日目も、一日目の続きでゲームを行い、受講生通しで成績を競い合いました。

一日目の夜の交流会では、参加者同士、活発に情報交換を行い、交友関係を広め多くの繋がりを持つことができたようでした。

これから企業視察や講座が続きますが、みなさんとがんばっていきたいです。