RASC活動ブログ

第1回「お話し会」開催。

学生スタッフのみなさんが「来て欲しい」「話を聞きたい」と思う人を招いて話を聞くことで、気づきを得たり、やる気を高める場となればと、「お話し会」を開催することにしました。

第1回目はRASCからの発案で、5月23日にRASC研究員の勅使川原さんをゲストに迎え、「フィリピンで変わっちゃった人生」と題していろいろお話していただきました。

まずは、勅使川原さんの母校であるフェリス女学院の学生たちがフィリピンで「現地実習」を行ったときのビデオを見せていただきました。彼女たちの取り組みは、学生スタッフが三重の各地域に入るときの参考になりました。そして、勅使川原さんがフィリピンで変わっちゃったのは、彼らの現状や問題は日本人である自分が招いていることなんだと気づきいたからだそうです。日本での豊かな暮らしが招いている、延いては自分がその一端を担っていると感じたからです。フィリピンの人たちの親しみ深い笑顔を見ると、心が痛んだことでしょう。そうした気づきがあって、勅使川原さんの心は変わっていったのです。

勅使川原さんは、学生スタッフたちがこれから行く三重の農山村の問題もそれと同じだといいます。
そこで問題を乗り越えようとしている人たちに出会うとき、その人たちが乗り越えようとしている問題と自分自身の関係性について、深く考えてみて欲しいと。

難しいことかもしれませんが、それが地域を、自分自身を変えていくのではないでしょうか。

次回「お話し会」をお楽しみに。

『MIE経営者育成道場』 申し込み順調。

『MIE経営者育成道場』 入門生の募集がスタートして2週間以上たちました。

今日現在で13名の方から応募がありました。順調な申し込み状況をうれしく思っています。定員は20名程度です。応募を検討されているみなさま、受講申し込みお待ちしております。

申込み締め切り:6月14日 ※定員を超える申し込みがあった場合、選考を実施することがあります。

RASC学生スタッフ 大ミーティング

RASC学生スタッフたちが昨年まで毎週金曜日に行っていた定例ミーティングが、今年度から「(仮称)大ミーティング」となり、月2回の開催となりました。

その第1回目が5月17日(金)18:00から、新しく社会連携研究センターの中で1部屋いただいた学生スタッフの部屋で行われました。20名近くの参加があり、久しぶりに多くの学生が参加したことはとても良かったと思います。

まずは自己紹介からはじまり、学務部から募集のあった県事業の紹介、そして今回のミーティングのメインとなるRASC学生スタッフの名前決め。今まで、「学生スタッフ」と言う呼び名だけでやってきましたが、もう少し愛着の持てる名前を付けようと、学生スタッフたちから愛称を募集していました。7個の愛称が集まり、その中から多数決で1つに決定しました。

今後はその愛称とともにロゴや看板の作成なども考えています。まだその愛称の発表はできませんが、いずれ学生スタッフより、ロゴとともに愛称の発表があると思います。みなさんお楽しみに。

『MIE経営者育成道場』 入門生募集はじまりました。

『MIE経営者育成道場』 入門生の募集がはじまりました。

平成25年6月30日(日)開講。本道場は、基礎講座とビジネスプラン発表会、実践講座とビジネスプラン審査会で構成されており、基礎講座では経営に対して理解を深め、実践講座では確固とした経営哲学を習得し修了生がそれぞれのビジネス領域でトップランナーとして活躍することをめざします。

三重県で新事業展開などを目指すみなさま、ぜひふるってご参加ください!

※詳細は、地域戦略センターHPの「イベント・公募」で確認ください。

学生スタッフ新歓 in うきさと

4月21日(日)に第一弾の学生スタッフの新歓ということで松坂市のうきさとに行ってきました。参加者は新人さん5名+現学生スタッフ4名でした。うきさとでは朝市を見学し、月替わりのお粥を頂き、その後そば打ち体験もさせていただきました。初体験のそば打ちは想像以上に大変で、うどんのようなそばができたのも良い思い出です^^そのあとは、昨年度作成した町歩きマップを見ながら町歩きをしました。

盛りだくさんの内容で、参加してくれた学生の中には少々お疲れの方もおられましたが、この新歓をきっかけに一緒に活動していく仲間が増えればうれしいです!

学生スタッフ