RASC活動ブログ

【学生スタッフ】熊野みかん収穫体験

11月17日~18日と12月1~2日、それぞれ一泊二日の日程で熊野市にある金山パイロットファームさんでみかんの収穫体験をさせていただきました。企画段階から学生スタッフが準備に携わり、当日は学生スタッフ以外の三重大生も含め各日程20名を超える大きなイベントになりました。
朝、津を出発してお昼前に熊野に到着。はじめて熊野へ行く学生も多く、きれいな景色を見ては声を上げていました。到着後、大西会長のみかん栽培へ対する想いや収穫方法など貴重なお話をうかがいました。みかんの隔年結果や、その対策など初めて聞く話ばかりで思わず聞き入ってしまいました。昼食後はいよいよみかん畑へ!参加者はたわわに実ったみかんに囲まれながら、収穫を楽しんでいました。二日目も引き続き収穫体験。一日目と比べ、皆慣れた手つきで、たくさんのみかんを収穫することが出来ました。収穫後は丸山千枚田・花の窟などの名所を見学し、熊野を知ることの出来た濃い二日間になりました。
学生スタッフとして、学内での参加者募集やお世話になる方々との連絡調整、当日の運営に至るまで様々なことをやってきました。初めてのことも多く大変でしたが、たくさんの方に助けていただき、人とのつながりや地域を知る喜びを感じることが出来、とても有意義な経験となりました。

写真は交流会の様子です。熊野の郷土料理のめはりずしも作りました!

学生スタッフ 小西 堅風

 

「生命食体感シンポジウム」

私たちの健康にもっとも大切な食について考えるシンポジウムが、11月29日(木)正午から津市センターパレスホールにて行われました。

約170名の参加者があり、盛大なシンポジウムとなりました。試食として提供された抗酸化弁当や地元産の柑橘がとても好評で、多くの方に喜んでいただけました。やはり食に興味のある方が多く、シンポジウム終了後も食に関する資料の請求や問い合わせが多数ありました。

お弁当の時間や休憩を入れて約4時間という長い時間でしたが、時間はあっという間に過ぎ、活気のあるシンポジウムになったことはとてもうれしく思います。