RASC活動ブログ

RASC学生スタッフブログについて

いつもRASC活動ブログをご覧いただきありがとうございます。

以前から、こちらのブログにてRASC学生スタッフの活動を発信してまいりましたが、今後は主に「三重大学地域戦略センター学生スタッフ 公式WEBサイト」のブログにて発信してまいりたいと思います。

今後とも変わらぬご愛顧のほどよろしくお願いいたします。

 

RASC学生スタッフホームページ

http://rascgakuseistaff.jimdo.com/

みかんの収穫体験(in 熊野金山パイロットファーム)

11/31~12/1に熊野金山パイロットファームさんでみかんの収穫体験を行いました(*^^*)  農園は山に囲まれていて、この時期は紅葉の時期ともあってとても綺麗でした(^-^)/

また、敷地の広さと大量のみかんの木に圧倒されました そんな中、収穫がスタート(^o^)

収穫中は農園の方に話を聞かせてもらいながら、楽しく作業を行いました♪一つの木にたくさんみかんがなっていて、収穫を続けるとその木が葉っぱだけの状態になり、とても気持ちがよかったです。(笑)

中には猿のように(?)木に登って、もくもくと高いところになっているみかんを収穫している子もいました\(^o^)/笑

金山パイロットファームさんのみかんは本当に甘くて感動しました 甘くするため、様々な工夫を凝らしていると聞き、本当にそのことを実際に食べて感じることができました(*^^*)  甘いみかんはどんな形をしているかなども教えていただき、メンバーみんなが甘いみかんばかりとって食べていました。(笑)

収穫体験から、普段では感じることのできない農業の楽しさや大変さを感じることができ、貴重な経験になりました♪( ´▽`)

また今回はみかんの収穫だけでなく、花の窟神社や鬼ヶ城にも行き、熊野の魅力をたっぷり味わった2日間でした☆ 1日目の夜ごはんには、熊野の名物であるめはりずしや、収穫したみかんを使ったゼリーも作り、わいわい楽しくいただきました(^○^)

今年もまた収穫に訪れたいと思っています☆興味のある方、ぜひ一緒に収穫お手伝いにいきましょう♪

三重大学地域戦略センター学生スタッフ(Meiku)
小川菜摘

学生スタッフ、公園アイデアで優秀賞!

地域戦略センターの学生スタッフが、大学病院北側の公園アイデアで優秀賞をいただきました!

今年の夏に、病院横の三翠通り北側緑地の公園化が決まり、大学施設部がそのアイデア募集を行っていました。それに地域戦略センターの学生スタッフのメンバーも応募することに決め、予定地を見に行ったりしていました。企画しはじめた当初はメンバーも複数名いましたが、募集時期が夏休みとなり人もなかなか集まらない時期だったため、4年生の佐藤くん、橋本さんが2名で完成させて締切ぎりぎりに応募することができました。

結果、優秀賞!よくがんばりました。最終参加はかなわなかったけれど、一緒に盛り上げようとしてくれていたみなさんもよかったですね。

神原(このはら)でお茶刈り体験

518()に一番茶、615()に二番茶のお茶刈り体験をしました☆

どちらも天候に恵まれ、作業をするには暑いくらいでした。

一番茶では、お茶刈りからお茶を小袋に詰める作業まで行いました。初めてお茶刈りを体験させてもらい、二人一組で刈っていく作業は息を合わせるのが大変で、農家の人たちの熟練の技だなと感じました。お茶畑から製茶したお茶が出来上がるまでの行程は長く、いつも何気なく飲んでいたお茶に苦労があることを知り、お茶を大事に飲もうと改めて思いました。


二番茶は、お茶刈りからお茶が出来上がるまでの作業を手伝いました。一番茶と比べて作業内容は少なかったのですが、お茶を刈る量が多く、また以前よりも気温が高かったためすぐにバテてしまいお茶を作るには体力が必要だと感じました。二番茶は一番茶に比べ、量が多く取れるにもかかわらず、値段が安いと知り、農業の厳しさを感じました。

お茶体験はとても貴重な経験になり、とても良い思い出になりました♪

学生スタッフ 中島妙(^◇^)

第1回「お話し会」開催。

学生スタッフのみなさんが「来て欲しい」「話を聞きたい」と思う人を招いて話を聞くことで、気づきを得たり、やる気を高める場となればと、「お話し会」を開催することにしました。

第1回目はRASCからの発案で、5月23日にRASC研究員の勅使川原さんをゲストに迎え、「フィリピンで変わっちゃった人生」と題していろいろお話していただきました。

まずは、勅使川原さんの母校であるフェリス女学院の学生たちがフィリピンで「現地実習」を行ったときのビデオを見せていただきました。彼女たちの取り組みは、学生スタッフが三重の各地域に入るときの参考になりました。そして、勅使川原さんがフィリピンで変わっちゃったのは、彼らの現状や問題は日本人である自分が招いていることなんだと気づきいたからだそうです。日本での豊かな暮らしが招いている、延いては自分がその一端を担っていると感じたからです。フィリピンの人たちの親しみ深い笑顔を見ると、心が痛んだことでしょう。そうした気づきがあって、勅使川原さんの心は変わっていったのです。

勅使川原さんは、学生スタッフたちがこれから行く三重の農山村の問題もそれと同じだといいます。
そこで問題を乗り越えようとしている人たちに出会うとき、その人たちが乗り越えようとしている問題と自分自身の関係性について、深く考えてみて欲しいと。

難しいことかもしれませんが、それが地域を、自分自身を変えていくのではないでしょうか。

次回「お話し会」をお楽しみに。

RASC学生スタッフ 大ミーティング

RASC学生スタッフたちが昨年まで毎週金曜日に行っていた定例ミーティングが、今年度から「(仮称)大ミーティング」となり、月2回の開催となりました。

その第1回目が5月17日(金)18:00から、新しく社会連携研究センターの中で1部屋いただいた学生スタッフの部屋で行われました。20名近くの参加があり、久しぶりに多くの学生が参加したことはとても良かったと思います。

まずは自己紹介からはじまり、学務部から募集のあった県事業の紹介、そして今回のミーティングのメインとなるRASC学生スタッフの名前決め。今まで、「学生スタッフ」と言う呼び名だけでやってきましたが、もう少し愛着の持てる名前を付けようと、学生スタッフたちから愛称を募集していました。7個の愛称が集まり、その中から多数決で1つに決定しました。

今後はその愛称とともにロゴや看板の作成なども考えています。まだその愛称の発表はできませんが、いずれ学生スタッフより、ロゴとともに愛称の発表があると思います。みなさんお楽しみに。

学生スタッフ新歓 in うきさと

4月21日(日)に第一弾の学生スタッフの新歓ということで松坂市のうきさとに行ってきました。参加者は新人さん5名+現学生スタッフ4名でした。うきさとでは朝市を見学し、月替わりのお粥を頂き、その後そば打ち体験もさせていただきました。初体験のそば打ちは想像以上に大変で、うどんのようなそばができたのも良い思い出です^^そのあとは、昨年度作成した町歩きマップを見ながら町歩きをしました。

盛りだくさんの内容で、参加してくれた学生の中には少々お疲れの方もおられましたが、この新歓をきっかけに一緒に活動していく仲間が増えればうれしいです!

学生スタッフ

忘れられた集落「矢持」プロジェクト

2013年4月20日(土)

「過疎社会の問題を、実際の山村で農家と共に農業などをしながら考えてみる」をテーマに、伊勢市の矢持で田植えのお手伝いをしてきました。

メイン作業は田んぼのすま植え!矢持の田んぼは土地の形に合わせた棚田なので四角い形ではなく、隅々まで機械で植えられません。その空白地帯にみんなで手作業で苗を植えていきました。

この日はあいにく冷え込みの強い日で田んぼもとても冷たかったですが、石積みの棚田を囲む穏やかな風景の中、とても気持ちよく田植えをしました。

お昼には地域の方にししなべ(しし肉は近所の漁師さんからのいただきものだそう)、3種のおにぎり(かやくごはん、うめぼしにぎり、古代米ともち米のにぎり。どれも矢持で採れたもの)をご用意いただきごちそうになりました。川のそばでみんなで美味しくいただきました。その時に、稲の苗にごはんをお供えして稲の健康を祈り、その後でお供えしたご飯をみんなの健康を祈って食べたのが印象に残りました。

今回はきっかけとして田植えのお手伝いでしたが、これからも継続して矢持に足を運び矢持を知ることからはじめようと計画しています。学生スタッフのメンバーをもっと巻き込んで、この活動がどんどん展開していくように盛り上げていきます。

そして、稲刈りの時期が楽しみです。豊作になりますように!

学生スタッフ 新入生説明会

4月に入り桜のほころぶ頃、新たな学生スタッフをゲットすべく、新入生のみなさんに学生スタッフ募集のチラシを数日にわたり配布しました。各学部にもRASCリーフレットにチラシをはさみ、20部ずつ置かせてもらいました。新入生説明会は4月15日(月)と18日(木)の正午からです。さて、何人来てくれるだろうか…どきどきしながら待っていました。

結果は、15日が7名、18日が10名でした。もう少し集まってくれるともっとうれしかったけれど、まずまずの感触でホッとしました。以外だったのは、15日に来てくれた学生は2、3年生で、新入生がいなかったこと。チラシを手渡ししたのは、確かに新入生だったはずなのに、どうやって学生スタッフのことを知ってくれたのか…。RASCリーフレットをもらってくれたのかもしれない。18日は10名のうち7名が新入生でした。なんとなく5名くらいは登録してくれそうでした。

まだまだ学生スタッフを増やしたいので、これからは地域活動に関わってそうなゼミの先生に協力を仰ごうとおもっています。

新入生歓迎会と称して4月21日は松阪市の宇気郷へ、4月29日には答志島へみんなで旅します。みなさん、ぜひ参加ください!

学生スタッフ用のラックを設置しました

今まで、学生スタッフのみなさんに手に取っていただきたい資料があると、RASCに入ってすぐの棚の上に並べていましたが、それがどんどんたまり、かっこうが悪くただ積まれている状態でした。そこで、学生スタッフ用のラックを購入し、RASCの入口前に置きました。今まで無造作に置かれていた資料がきれいに整理され、見やすくて手に取りやすくなりました。学生スタッフのみなさん、どんどん活用ください。