RASC活動ブログ

生命食体感シンポジウム2013

昨年度に引き続き今年度も、私たちの健康にもっとも大切な食について考える「生命食体感シンポジウム2013」が、10月25日(金)にホテルグリーンパーク津 大宴会場にて開催されました。

当日の天候はあいにくの雨となり参加者の出足が心配されましたが、120名を超える参加がありました。23日から総文で開催れていた公衆衛生学会からの参加者も10名以上いらっしゃいました。

基調講演は旭川医科大学医学部教授 若宮伸隆先生による「北海道における食科学の進む方向性について」、デザイナーフーズ株式会社 丹羽真清社長による「生命食の必要性とエビデンス」、休憩をはさんで後半は上記2名に桑名西医療センター 服部こころさん、株式会社浅井農園 浅井社長が加わって、西村センター長のコーディネーターの元パネルディスカッションが行われました。最後の質疑応答まで活発に意見のやりとりが行われていました。

会場の外には試食コーナーが設けられ、熊野のサマーフレッシュジュースと飛鳥たかなのめはり寿司がふるまわれました。どちらも抗酸化値が非常に高い食材で、ほんの少しですが皆さんに健康でおいしい三重の食を楽しんでいただくことができました。

「生命食体感シンポジウム」

私たちの健康にもっとも大切な食について考えるシンポジウムが、11月29日(木)正午から津市センターパレスホールにて行われました。

約170名の参加者があり、盛大なシンポジウムとなりました。試食として提供された抗酸化弁当や地元産の柑橘がとても好評で、多くの方に喜んでいただけました。やはり食に興味のある方が多く、シンポジウム終了後も食に関する資料の請求や問い合わせが多数ありました。

お弁当の時間や休憩を入れて約4時間という長い時間でしたが、時間はあっという間に過ぎ、活気のあるシンポジウムになったことはとてもうれしく思います。